スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ジャージの二人



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し更新が滞ってしまいました。ボチボチと掲載していきます。

今回は8月19日に観た日本映画『ジャージの二人』のレビューです。

映画『ジャージの二人』は、芥川賞、大江賞作家の長嶋有の原作を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が映画化しました。田舎で何もしない夏休みを過ごす父子の姿を軽妙につづるコメディです。

ドラマ、映画で活躍中の注目俳優・堺雅人と、今年結成30周年を迎えるロックバンド「シーナ&ロケッツ」の鮎川誠という異色のコンビが親子を好演しています。

ある夏の日、会社を辞めた息子・32歳(堺雅人)は、グラビアカメラマンの父親・54歳(鮎川誠)に誘われて、北軽井沢の別荘にやってきました。お互い日常生活に問題を抱えていて、ちょっと現実逃避のつもりの二人は、亡き祖母が集めていた古着のジャージに着替え、のんびりと過ごそうと腹を決め、ちょっとモラトリアムな夏休みが始まります。そんな彼らの元に、ご近所や父親の友人など、さまざまな人々が訪れて・・・。

田舎でジャージに着替えて過ごす雰囲気そのままに、とにかく、ゆるく、まったりとした映画です。

堺雅人鮎川誠の会話の「間」が絶妙です。

心がやすらぎます。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 中村義洋
出演 堺雅人鮎川誠、水野美紀、ダンカン、大楠道代、田中あさみ

鑑賞記録
2008年8月19日 梅田ガーデンシネマにて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年09月18日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

| 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP |

前のページ« | このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。