スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ショートバス




映画dvdレビュー記事です。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などをかなり観ています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

映画ショートバス」は、「ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督の待望の新作です。オーディションで集めた俳優たちとともに2年半に及ぶワークショップをしながら脚本を作り上げたという異色作です。

舞台は9。11後のニューヨークです。カップル・カウンセラーのソフィア(スックイン・リー)は、様々なカップルの悩みを解決していく一方で、人には言えない悩みを抱えています。

ハンサムなゲイのジェ-ムズ(ポール・ドーソン)は、人を受け入れることができず、自分をビデオ撮影するのを日課にしています。そんな彼をパートナーのジェイミー(P・J・デボーイ)は心から愛しています。

二人に憧れる美男子セス(ジェイ・ブラナン)。ジェ-ムズのストーカー、カレブ(ピーター・スティクルス)。ソフィアのダメ夫、ロブ(ラファエル・バーカー)。プロのSM女王、セヴリン(リンゼイ・ビーミッシュ)。それぞれに満たされない何かを抱えている7人の男女はどこに行き着くのでしょうか?

そんなみんなが集うのがサロン“ショートバス”です。

ショートバス”とは、身体や精神に障害を持った子どもたちなどが乗るスクールバスのことです。そんな名前のサロンに、普通の人から、ドラッグクイーンや芸術家、元NY市長まで、 “人生の足りない何か”を探して人々が集まります。みな、愛を求め、幸せを求め、人とのつながりを求めています。

生きている実感が薄く、人と人との距離がどんどん広がっている現代において、誰もが傷つくことを恐れ、拒絶されることを恐がり、自分の殻に閉じこもりがちです。でもそんな世の中だからこそ、人は誰かとつながる温もりを求めているのです。

なんとも過激なセックス描写が満載の映画ですから、覚悟して観る必要があります。

でも、この作品に流れるのは“あなたは1人じゃない”という心の底からの優しいメッセージです。7人の暗闇に希望の光が灯されるラストシーンは、ハッピーな感動で満ちています。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演 スックイン・リーポール・ドーソンP・J・デボーイリンゼイ・ビーミッシュラファエル・バーカージェイ・ブラナンピーター・スティクルス、ジャスティン・ボンド(本人)

鑑賞記録
2007年9月3日 シネマート心斎橋にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月05日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< あかね空 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | フランシスコの2人の息子 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/92-211905cf

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あした

2007年09月05日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。