スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

フランシスコの2人の息子




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

映画フランシスコの2人の息子」は、実話にもとづき、音楽を愛する父の想いを叶えた息子たちを描いて、ブラジル映画界の歴代興行記録を塗り替えた映画です。

フランシスコ(アンジェロ・アントニオ)は愛する妻(ジラ・バエス)と7人の子供たちと、貧しいながらも仲睦まじく暮らしていました。フランシスコの夢は、息子たちをプロのミュージシャンにすることで、そのため、長男のミロスマルにはアコーディオンを、次男のエミヴァルにはギターを買い与えました。

やがて土地代が払えなくなり、家を追い出された一家は、ボロボロの家に移り住むことになります。懸命に働く父や貧乏な暮らしに悲しむ母の姿を見たミロスマルは、エミヴァルと二人で路上ライブを始めます…。

セルタネージュというジャンルに属する音楽で総売上2200万枚を突破する、ブラジルの国民的スーパースター、ゼゼ・ジ・カマルゴ&ルシアーノとその家族がモデルです。数々の挫折を乗り越えながら成長していく息子たちと父親の絆を描いています。

子供たちはオーディションで選ばれたそうですが、その子供たちのリアルな演技と歌声がすばらしいです。

とくに、ミロスマルとエミヴァルの子供時代がいいです。
彼らのすばらしい歌声を聴くだけでもこの映画を観る価値があります。

ストーリー的にも、前半の、彼らを襲う不幸までが惹き付けられます。
それにくらべると後半のストーリーは、映画的には、やや物足りない感じがします。

採点
85点(娯楽度90点、感動度80点)

作品データ
製作 2005年 ブラジル
監督 ブレノ・シウヴェイラ
出演 アンジェロ・アントニオジラ・バエス、ダブリオ・モレイラ

鑑賞記録
2007年4月4日 ナビオTOHOプレックスにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月05日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< ショートバス | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | バッテリー >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/91-b35c04cc

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あした

2007年09月05日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。