スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

パッチギ!LOVE&PEACE



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
映画「パッチギ!LOVE&PEACE」は、井筒和幸監督のヒット作「パッチギ!」の2年ぶりの続編です。舞台を68年の京都から74年の東京に移してキャストも一新しました。在日韓国人一家と日本人の友情や恋を描いた感動ドラマです。

1974年、リ・アンソン(井坂俊哉)一家は、東京都江東区枝川で、サンダル工場を営む叔父夫婦のもとに身を寄せていました。

難病に冒された幼い息子チャンスの治療のために京都から出てきましたが、医師の下した診断は厳しく、さらに多額の費用が必要なことがわかります。
アンソンは乱闘騒ぎをきっかけに親友になった元国鉄職員の佐藤(藤井隆)と命がけの計画を立てます。

妹のキョンジャ(中村ユリ)は稼ぎのいい芸能界に飛び込み、人気俳優の野村(西島秀俊)と出会い恋に落ちていきますが・・・。

68年の京都でエネルギッシュに青春の日々を送った『パッチギ!』のアンソンとキョンジャの兄妹が帰ってきました。大人になった彼らはさらなる厳しい現実に立ち向かうことになります。

日本の植民地時代に生きた2人の父親の若き日の姿も交え、親子三代にわたるドラマが展開します。それは「在日」の人々の物語にスポットを当てると同時に、非「在日」も含めた矛盾だらけの日本の姿も痛烈に浮かび上がらせます。

● レビュー
前作同様、「在日」の視点から描かれたドラマです。
前作を青春編としたら、この作品は「家族編」と言ってよく、家族の愛情がテーマになっています。

在日」の立場から最も憎むべき対象として日本人の「差別意識」が描かれているのも前作と同じです。そして日本人の中でひとり理解者がいてキョンジャに恋するのも前作と同じです。(前作では塩谷瞬、今作では藤井隆

在日」の原点として描かれている父の物語やキョンジャの試写会の言動などから、この映画を先週の石原慎太郎の映画の批判ととる人もいるようですが、私は、思想的な考え方はしません。

あくまで「在日」の庶民の目からみた戦争批判であり、政治家批判であり、映画の主題をなすものではないと思います。

日本が朝鮮に酷いことをした歴史は二度あります。一度は秀吉による侵略であり、もう一度は帝国主義による併合です。

とくに後者は日本の敗戦まで続いたため、私の親の世代には強く朝鮮人に対する差別意識があったし、私の世代にもその残像が残っています。そして朝鮮での世代による反日意識の強さ加減ももほぼ日本に比例しているでしょう。

時代を遡れば、朝鮮と日本とは自然な人的交流があり、日本に新しい文化や技術を持ち込んだのは朝鮮の人たちで、その人たちはみんな日本人から尊敬されていました。

また、ワールドカップの同時開催や韓国での日本文化解禁などによって、最近の両国の若者には、差別も反日もなくなってきているように思います。

この辺は、次に観るつもりの「初雪の恋~ヴァージン・スノー」で確かめたいと思います。

井筒監督は、一時代前(と言いたい)の、本来謂れの無い差別意識を、槍玉にあげたのだと思います。

以上はさておき。

この映画は、ストーリーに若干「ありえない!」と思う部分はありますが、全体として観て楽しいし、感動もします。

井坂俊哉中村ユリをはじめ、脇役も含めて、キャストもいいです。
加藤和彦の音楽もいいです。

● 採点
85点(娯楽性90点、感動性80点)

● 作品データ
製作 2007年 日本
監督 井筒和幸
出演 井坂俊哉中村ユリ西島秀俊藤井隆、キムラ緑子、今井悠貴、風間杜夫、手塚理美、キム・ウンス、米倉斉加年、馬渕晴子、村田雄浩、ラサール石井、杉本哲太、麿赤兒、でんでん、寺島進、国生さゆり、田口浩正

● 鑑賞記録
2007年5月23日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年05月24日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 初雪の恋~ヴァージン・スノー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 俺は、君のためにこそ死にに行く >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/9-996f6a6d

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。