スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ポビーとディンガン




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

ポビーとディンガンは2006年4月に観ました。

映画ポビーとディンガン」は、オパールの原石がみつかるというオーストラリアの田舎町を舞台にした感動作です。ベン・ライスの同名小説をもとに、空想家の少女と彼女を救おうとする兄の奮闘を描いています。

舞台はオパール採掘で有名なオーストラリアの田舎町、ライトニンググリッジです。
11歳の少年アシュモル(クリスチャン・ベイヤース)には1つの悩みがありました。それは9歳の妹ケリーアン(サファイア・ボイス)のことです。

ケリーアンにはポビーとディンガンという大切な友達がいます。だけど、アシュモルはポビーとディンガンが妹の空想上の友達だと知っています。

そんなある日、ケリーアンが「ポビーとディンガンがいなくなった」と言い出し、病気になってしまいます。心配のあまり勇気づけようと、アシュモルはひとりポビーとディンガンを探し始めます。そんな彼のひたむきな思いは、やがて小さな奇跡をもたらします・・・。

ひたむきな思いが、人の優しさを引き出していきます。
とても感動的な作品です。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2005年 イギリス
監督 ピーター・カッタネオ
出演 クリスチャン・ベイヤースサファイア・ボイス、ビンス・コロシモ、ジャクリーン・マッケンジー

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月03日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< バッテリー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | サン・ジャックへの道 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/89-23985f92

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの

2007年09月03日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。