スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

オール・ザ・キングスメン




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。
少し以前に観た映画も紹介していきます。

映画オール・ザ・キングスメン」は、ピュリッツアー賞に輝く実話を元にした小説を映画化しました。
豪華キャストによる重厚な人間ドラマです。
理想に燃えた政治家が変貌してゆく姿を描いています。

1949年、ルイジアナ州で、役人であるウィリー(ショーン・ペン)が郡の汚職を非難していたころ、新聞記者のジャック(ジュード・ロウ)がウィリーと出会います。

やがて職を辞したウィリーは、州知事選に立候補します。ウィリーは、当初、対立候補の当て馬でしたが、形勢が逆転し、遂に州知事になります。その頃ジャックは記者を辞め、ウィリーの参謀になっていました。

時が経ち、ウィリーの権力は絶大になります。そして、いつの間にか、彼自身が嫌っていた汚職やスキャンダルにまみれて…。

この映画は、1920~30年代に活躍した実際の政治家をモデルにした原作の二度目の映画化です。最初の映画化は1949年で、「ハスラー」などの名匠ロベール・ロッセン監督によるものでした。この映画は、作品賞などアカデミー賞三部門を受賞し、高い評価を受けた作品です。

主演のアカデミー賞俳優ショーン・ペンジュード・ロウの二人に加えて、ケイト・ウィンスレットアンソニー・ホプキンスといった名優たちが脇を固めているという豪華キャストです。

演出は重厚で見応えがあり、各俳優たちはそれぞれいい演技を披露しています。

実在の政治家をモデルにした重厚なドラマです。
物語はジュード・ロウ扮するジャックの目線で進んでいきます。
ショーン・ペンの政治家ぶりも見事ですが、アンソニー・ホプキンス扮する判事とジャックとの間のドラマに感動させられます。

採点
85点(重厚度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 スティーブン・ザイリアン
出演 ショーン・ペンジュード・ロウケイト・ウィンスレットアンソニー・ホプキンス、マーク・ラファロ

鑑賞記録
2007年4月9日 OS劇場にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月01日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 阿波DANCE | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | Life 天国で君に逢えたら >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/84-3d9deed8

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あした

2007年09月01日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。