スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブラッド・ダイヤモンド


映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

映画ブラッド・ダイヤモンド」は、レオナルド・ディカプリオアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた作品です。レオナルド・ディカプリオが演じたのは、元兵士のダイヤ密売人です。現地独特の英語アクセントを身につけた上で、裏の世界に生きる男をメリハリのある演技で表現しました。

監督は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィックです。

映画の舞台はアフリカのシエラレオネ共和国です。反政府軍組織RUFに捕まり闇ダイヤの採掘場で強制労働を強いられていたソロモン(ジャイモン・フンスー)は、作業中に大粒のピンクダイヤを発見します。ソロモンは、再び家族と暮らすために危険を承知でそれを隠しますが、その直後に政府軍によって捕らえられてしまいます。

一方、刑務所で巨大なピンクダイヤの話を耳にしたダイヤ密売人のアーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、その在り処を聞き出すために、同じ刑務所に収監されていたソロモンを釈放させよう画策し…。

アフリカの地域紛争で武器等の資金源となっていると言われる、不法取引されたダイヤモンド。この「ブラッド・ダイヤモンド」の問題を中心に据え、ダイヤで結びついた3人の男女の姿を力強く描いた社会派ドラマです。

骨太なメッセージを発しつつも物語はヒューマンドラマとして展開し、感動的なラストへと向かっていきます。

重厚な社会ドラマでもあり、迫力のあるサスペンスドラマでもあります。
大変見ごたえがあり、お奨めです。

ディカプリオの熱演も良いですし、この作品でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたソロモン役のジャイモン・フンスーと女性ジャーナリスト役のジェニファー・コネリーも良いです。

息子思いの愚直なソロモンと行動をともにしていく中で、孤独なダイヤ密売人のアーチャーが変化していくドラマは感動ものです。

採点
92.5点(娯楽度95点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 エドワード・ズウィック
出演 レオナルド・ディカプリオ、ジャイモン・フンスー、ジェニファー・コネリー、マイケル・シーン、アーノルド・ヴォスルー、カギソ・クイバーズ、デイビッド・ヘアウッド、ベイジル・ウォレス、ンタレ・ムワイン

鑑賞記録
2007年4月13日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年08月30日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< トゥー・フォー・ザ・マネー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | キャプテン >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/81-35b03c7e

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの

2007年08月30日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。