スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クイーン



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
映画「クイーン」は、2007年アカデミー賞ヘレン・ミレンが主演女優賞を受賞した作品です。

1997年8月、パリでダイアナが交通事故に遭い、帰らぬ人になりました。

王家においてダイアナはいつも頭痛の種でした。この時、民間人となっていたダイアナの死は、本来王家に関係のないことでありました。女王はコメントを避けますが、ダイアナを称える国民の声は次第に高まっていきます。

やがてダイアナの死を無視し続ける女王に、国民の非難が寄せられるようになります。就任間もない、若き首相ブレアは、国民と王室が離れていくことに危機を感じ、その和解に力を注いでいきます。

ダイアナの突然の悲劇からの一週間、良き君主であろうとしてきた女王は、人生を捧げてきた国民から怒りをぶつけられていることを知り、大きなショックを受けます。

そんな女王の苦悩を救い、国民と和解させようとするのが、ブレア首相でした。

威厳をたたえる女王ですが、本作ではユーモアを失わないチャーミングな女性としての一面も強調しています。この映画を観た後は、誰もが女王を好きにならずにはいられないでしょう。

● レビュー
実在している女王をモデルに、こんな映画をつくることができることにまず感心しました。日本ではまず無理でしょう。監督か誰か一人くらいは殺されるかもしれません。

この映画は、女王とブレアが主役の人間ドラマです。

王室の伝統を守り、威厳を保とうとしながらも、現実に起こった国民からの非難に悩む女王。やがてブレアの進言を取り入れ妥協の道を選ぶとともに、ブレアに対する信頼感を抱くようになります。

労働党党首として首相になり、改革を進めようと思いながらも、王室の危機に救いの手をさしのべようとするブレア。ブレアもやがて女王の人間性に触れ、尊敬の念を抱くようになります。

二人のやりとりは、表面的にはそれまでどおりの王室の威厳を尊重したやりかただが、このような機微が感じられて、面白かったです。

● 採点
90点(娯楽度85点、感動度95点)

● 作品データ
製作 2006年 イギリス、フランス、イタリア
監督 スティーヴン・フリアーズ
出演 ヘレン・ミレン、マイケル・シーン、ジェームズ・クロムウェル、シルヴィア・シムズ、アレックス・ジェニングス、ヘレン・マックロリー、ロジャー・アラム、ティム・マクマラン

● 鑑賞記録
2007年5月15日 ナビオTOHOプレックスにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年05月16日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 俺は、君のためにこそ死にに行く | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 眉山 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/7-3a2f3023

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。