スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アメリカ、家族のいる風景




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

アメリカ、家族のいる風景」は2006年3月に観ました。

映画アメリカ、家族のいる風景」は、カンヌ国際映画祭でパルムドームに輝いた「パリ、テキサス」の黄金コンビ、ヴィム・ヴェンダース監督とサム・シェパードが20年の時を経て、待望のコンビを復活させた作品です。

サムが主演、脚本を担当し、相手役にサムの私生活でもパートナーである、ジェシカ・ラングを配しています。

西部劇のスターだったハワードは、新作の撮影現場から突然逃げ出し、故郷に向かいます。そこで彼は、久々に再会した母から「彼の子供を身ごもったというモンタナの女性から連絡があった」という驚きの事実を聞かされます。

ハワードは自分の子供を探し出すため、モンタナ州ビートの町へと車を走らせます。

昔の恋人との不安まじりの再会、息子の反発、骨壷を抱えた不思議な少女との出会い。ハワードの心の孤独は深まるばかりですが…。

広大で空虚な砂漠、ひと気のない田舎町、寂れたアメリカの原風景が映し出されます。その中で彷徨う家族の痛みと困惑と喜びの姿。60歳を迎えたヴェンダースのますます才気あふれる映像に魅せられます。

家族の意味、愛情について考えさせられる重厚な作品です。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2005年 アメリカ ドイツ
監督 ヴィム・ヴェンダース
出演 サム・シェパードジェシカ・ラング、ティム・ロス、ガブリエル・マン

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年08月21日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 黄色い涙 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/67-509eb26d

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの

2007年08月21日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。