スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

遠くの空に消えた



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

映画遠くの空に消えた」は、「世界の中心で、愛を叫ぶ」の行定勲監督が7年かけて脚本を仕上げたという作品です。
天才子役の神木隆之介が演じる転校生ら、少年少女のひと夏の冒険をつづった感動ドラマです。

青い麦畑の広がるのどかな村は、空港建設を巡る争いに揺れていました。空港公団団長の父(三浦友和)に連れられ都会から転校してきた亮介(神木隆之介)は、地元の悪ガキ公平(ささの友間)とふとしたことから友情を築いていきます。

二人をさらに結びつけたのは、いつも一人で丘に立つ少女ヒハル(大後寿々花)でした。「パパを連れて行ったUFOを見つける」というヒハルの夢を信じることが3人の友情の証でした。

しかし大人たちの愚かな争いは日に日に激しくなり、子供たちの夢さえも握りつぶしていきます。

「奇跡って待ってても起きないなら俺たちの手で起こそうぜ」と決意した亮介と公平の「史上最大のいたずら」が始まります・・・。

行定勲監督は「何かを信じられなくなった時にパワーをくれる映画を作りたかった」と言っています。

コミカルな味があるファンタジー映画です。

子役の3人がすばらしいです。
天才と言われる神木隆之介大後寿々花はもちろんですが、名バイプレイヤー笹野高史の息子・ささの友間が親の遺伝子を受け継いだかのような名演です。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 行定勲
出演 神木隆之介大後寿々花ささの友間、小日向文世、鈴木砂羽、伊藤歩、長塚圭史、田中哲司、柏原崇、チャン・チェン、石橋蓮司、大竹しのぶ、三浦友和

鑑賞記録
2007年8月20日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年08月21日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 黄色い涙 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | SPIRIT >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/65-4f616913

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの

2007年08月21日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。