スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

近距離恋愛




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の映画「近距離恋愛」のレビューです。

映画「近距離恋愛」は、友達以上・恋人未満だった彼女の結婚を阻止しようと奔走する男の姿を描くラブ・コメディです。「魔法にかけられて」のパトリック・デンプシーが主演し、「M:i:III」のミシェル・モナハンがヒロインを演じています。

プレイボーイのトム(パトリック・デンプシー)とロマンチストのハンナ(ミシェル・モナハン)は大学時代に偶然知り合って以来、10年来の親友同士です。お互いの恋愛遍歴から家族の事情、食べ物の好みまで知り尽くし、正反対の性格の二人に恋が始まるわけがないと思っていました。

そんなある日、学芸員のハンナがスコットランドに長期出張します。彼女の不在で、トムはやっとハンナが特別な人だと気がつきますが、ハンナは、旅先で出会った婚約者コリン(ケヴィン・マクキッド)を連れてニューヨークに戻ってきます。

ハンナのことをただの親友ではなく、最愛の女性だと気付いたトムの心情を全く知らないハンナは、本来、新婦と最も親しい未婚の女性が務めるべき花嫁付き添い役(Maid of Honor)をトムに依頼します。トムは花嫁付添い人としてハンナの結婚準備を手伝いながら、なんとか自分の想いを伝えようと焦りますが・・・。

近すぎる距離がかえってハードルになってしまう、もどかしい二人の関係にハラハラさせられますが、最後はアメリカのラブコメらしいエンディングです。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2008年 アメリカ、イギリス
監督 ポール・ウェイランド
出演 パトリック・デンプシーミシェル・モナハンケヴィン・マクキッド、キャスリーン・クインラン、シドニー・ポラック

鑑賞記録
2008年7月17日 TOHOシネマズ梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年07月21日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< 百万円と苦虫女 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 告発のとき >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。