スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クライマーズ・ハイ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画クライマーズ・ハイ」のレビューです。

映画クライマーズ・ハイ」は、「半落ち」の人気作家、横山秀夫の小説を堤真一ら実力派俳優共演で映画化しました。1985年の日航機墜落事故取材に奔走する新聞記者たちの姿を、パワフルな演出で追う社会派ドラマです。

1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落し、死者520人という大惨事が起こりました。前橋にある北関東新聞社では、白河社長(山崎努)の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が全権デスクに任命されます。こうして未曽有の大事故を報道する紙面作り=闘いの日々が幕を開けました。

さっそく悠木は県警キャップの佐山(堺雅人)らを事故現場へ向かわせます。頭と心を麻痺させなければ直視できないほどの事故の凄惨さ。妬みや苛立ちに激昂する社内、加熱する全国紙対地方紙の報道合戦…。そんな激務の最中、販売部の同僚で無二の親友・安西(高嶋政宏)がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届きます…。

そして、極限の精神状態のなか、全権デスク・悠木はあるスクープをめぐる二者択一の究極の判断を迫られます・・・。

横山秀夫は、事故当時、地元紙の社会部記者として取材に奔走した経験を持つそうで、17年の時をかけて書き上げた同名小説が原作です。

堤真一堺雅人の迫力ある演技が光ります。

それぞれの立場の報道人に成りきった競演陣も見事です。

23年後の谷川岳のロッククライミングシーンと、事故当時の1週間の「クライマーズ・ハイ」状態を、同時進行させながら進める構成も、よく出来ていると思いました。

息子が事前に打ったハーケンには泣かされました。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 原田眞人
出演 堤真一堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、皆川猿時、でんでん、中村育二、螢雪次朗、野波麻帆、西田尚美、小澤征悦

鑑賞記録
2008年7月8日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年07月09日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< 告発のとき | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | カメレオン >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。