スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

カメレオン



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画カメレオン」のレビューです。


映画カメレオン」は、故松田優作のために書かれた脚本を、藤原竜也主演で映画化したクライム・アクションです。拉致事件との遭遇を機に、謎の組織との戦いを強いられていく青年の姿が描かれます。

まるでカメレオンのように無数の表情をもち、時折ゾッとするほど冷め切った顔を垣間見せる伍郎(藤原竜也)ですが、詐欺グループを率いて金を稼ぐなか、ある組織による拉致事件を目撃します。それを境に、暗い闇の連鎖が動き始め、伍郎の仲間たちが次々と組織の手によって殺されていき・・・。

藤原竜也がこれまでのイメージを一新して、まるで松田優作のような、危険な顔が覗く、ミステリアスな主人公を熱演しています。

脚本は、往年の松田優作アクションの傑作を手がけた丸山昇一が、デビュー作「処刑遊戯」の前に書いた未発表作品だそうです。

また監督はデビュー作「どついたるねん」で各映画賞を総なめにし、その後も「顔」「新・仁義なき戦い」「魂萌え!」などで、男の美学から女性の内面までを描き出している阪本順治です。

ということで、ストーリーと言い、アクションと言い、迫力のある確かな作品に仕上がっています。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 阪本順治
出演 藤原竜也、水川あさみ、塩谷瞬、豊原功補、波岡一喜、柄本佑、西興一朗、街田しおん、菅田俊、萩原聖人、平泉成、犬塚弘、谷啓、加藤治子、岸部一徳

鑑賞記録
2008年7月8日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年07月09日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< クライマーズ・ハイ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | スピード・レーサー >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。