スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マンデラの名もなき看守




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の映画「マンデラの名もなき看守」のレビューです。

映画「マンデラの名もなき看守」は、南アフリカ初の黒人大統領、ネルソン・マンデラが黒人弾圧に反抗して捕えられ獄中にあった27年間に、実際にあった白人看守との交流を描く、実話をもとにした物語です。カンヌ国際映画祭で2度パルムドールに輝いたビレ・アウグスト監督による渾身の感動作です。

1968年、南アフリカの刑務所の下士官ジェームズ・グレゴリー(ジョセフ・ファインズ)がロベン島の刑務所に赴任します。アパルトヘイト政策下の南アフリカ共和国では反政府運動の活動家の黒人が日々投獄されていました。

そこでグレゴリーは、最悪のテロリストとされるネルソン・マンデラデニス・ヘイスバート)の担当に抜擢されます。グレゴリーは、マンデラの生まれ故郷の近くで育ち彼らの言葉・コーサ語がわかるので、マンデラの秘密の文書や会話をスパイするためでした。妻のグロリア(ダイアン・クルーガー)は夫の出世を喜び、グレゴリー自身も明るい未来を想像しました。

任務に忠実なグレゴリーですが、マンデラに初めて会った時から特別な印象を抱きます。グレゴリーは、マンデラが自由のために払っている犠牲を知るにつれ、次第にマンデラに魅了され、彼が目指す平等な社会に憧れていきます。しかし、そんな想いが周囲に知られれば、自分の立場も妻子の安全さえも脅かされるのです・・・。

葛藤に苦しむひとりの看守とマンデラの数十年に渡る魂の交流が描かれていきます。その交流は観るものの心を揺さぶります。

そして、ひとりの看守の変化を通して、ネルソン・マンデラの偉大さ、アパルトヘイト政策の終焉に至る南アフリカの歴史が間接的に描かれていきます。

ジョセフ・ファインズデニス・ヘイスバートダイアン・クルーガーの好演が光ります。

採点
90点(感動度90点)

作品データ
製作 2007年 ドイツ、フランス
監督 ビレ・アウグスト
出演 ジョセフ・ファインズデニス・ヘイスバートダイアン・クルーガー、パトリック・リスター

鑑賞記録
2008年6月30日 テアトル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年07月02日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< ミラクル7号 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 花より男子ファイナル >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。