スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ラスベガスをぶっつぶせ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメrカ映画ラスベガスをぶっつぶせ」のレビューです。

映画ラスベガスをぶっつぶせ」は、ベン・メズリックによるベストセラー・ノンフィクションを映画化しました。頭脳明晰な大学生チームが、理論と数式を武器にラスベガスのカジノで荒稼ぎを繰り広げるストーリーは実話に基づくそうです。

マサチューセッツ工科大学で天才的な数学力をもって優秀な成績を収めるベン・キャンベル(ジム・スタージェス)は、夢のハーバード大学医学部進学資格を得ましたが、30万ドルの学費を捻出できずに頭を痛めていました。ハーバード進学は母親の夢でもありますが、母子家庭のベンにとってあまりにも巨額でスーツ・ショップのアルバイトでは到底追いつきません。

そんな時、ベンの数学力に目をつけたミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)から秘密の研究チームに誘われます。彼は優秀な学生たちにブラックジャックの必勝法であるカード・カウンティングを習得させ、ラスベガスに乗り込んでは大金を稼いでいたのでした。

30万ドルの高額な学費のためと割り切ってチーム入りを決めたベンは、仲間とともに日夜トレーニングを続け、卓越した頭脳と巧みなチームワークを駆使してラスベガス攻略を試みます・・・。

最初は学費のためと割り切っていたはずのベンが、セレブな生活の虜となって変貌していき、やがてきついしっぺ返しを受けるのですが、その先の展開が面白いです。

それにしてもこんな話が実話に基づくとは驚きです。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2008年 アメリカ
監督 ロバート・ルケティック
出演 ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、ジョシュ・ギャッド

鑑賞記録
2008年6月2日 TOHOシネマズ梅田にて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年06月04日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< 幸せになるための27のドレス | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 山のあなた 徳市の恋 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。