スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメリカ映画ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」のレビューです。

映画ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」は、映像化不可能と言われていたC.S.ルイスが遺した壮大なファンタジーの名作を映画化し、全世界で社会現象を巻き起こした「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」のスタッフとキャストが再結集して贈る続編です。

新たな主人公として美しき悲劇の王子・カスピアンが登場し、前作を遥かに凌ぐスケールの大きなファンタジー映画に仕上がっています。

ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)のペベンシー兄妹は、かつてナルニアの黄金時代を築きましたが、今はロンドンで普通の生活を送っています。

ナルニア国ではその黄金時代から1300年の歳月が流れていました。かつて全能なる王アスランに祝福され、生きとし生けるもの全てが幸福に包まれていた魔法の国は、強大な戦力を持つ人間の王国テルマール人に征服されて滅亡し、わずかに生き残ったナルニアの民は、深い森の奥で身を潜め、この暗黒の世界に再び光をもたらす者の出現を待ち続けていました。

テルマールの王宮では、亡き王の弟ミラースが、正統な王位継承者である美しき王子・カスピアン(ベン・バーンズ)の暗殺を企てます。カスピアン王子は、伝説の四人の王を呼び戻すと言われる魔法の角笛をもって城から逃亡し、テルマール人が決して足を踏み入れない森の奥深くで、ナルニアの民と出会います。その魔法の角笛は、ナルニア国の救世主の証でした。カスピアンの吹いた魔法の角笛によって、ペベンシー兄妹は再びナルニア国に向かいます・・・。

カスピアン役に抜擢された英国俳優ベン・バーンズの美しさが際立ちます。

またペベンシー兄妹もそれぞれ成長していて、ピーターとスーザンは大人に近づき、第1章ではやんちゃだったエドマンドもしっかり者になっています。なお2010年公開予定の第3章ではピーターとスーザンはナルニアに行かないようです。

ナルニアの民のキャラクターの面白さや迫力満点の戦闘場面、またロマンスがあったりと、楽しさ満載のファンタジーです。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2008年 アメリカ
監督 アンドリュー・アダムソン
出演 ウィリアム・モーズリースキャンダー・ケインズアナ・ポップルウェルジョージー・ヘンリーベン・バーンズ、セルジオ・カステリット、ピーター・ディンクレイジ、ワーウィック・デイヴィス

鑑賞記録
2008年5月28日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年05月29日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< アフタースクール | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 痛いほどきみが好きなのに >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。