スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

痛いほどきみが好きなのに




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメリカ映画痛いほどきみが好きなのに」のレビューです。

映画痛いほどきみが好きなのに」は、人気俳優イーサン・ホークが監督・脚本・出演を務め、自らの自伝的小説を映画化しました。恋に悩み傷つく若者を、「ブロークン・フラワーズ」の若手注目株マーク・ウェバーが演じ、痛いほど純粋に恋に向き合う姿を描いています。

ニューヨークに住む若手俳優のウィリアム(マーク・ウェバー)は、行きつけのバーで、シンガーソングライター志望の女性サラ(カタリーナ・サンディノ・モレノ)と出会い、心奪われます、。しかし、いざベッドに入るとサラはセックスを拒みます。

ある日、サラはウィリアムを母(ソニア・ブラガ)に紹介するために実家に連れて行きます。そこで彼女の辛い失恋の話を聞いたウィリアムは、映画の撮影旅行に便乗してメキシコに行こうと誘います。

2人は旅先のメキシコで結ばれますが、ニューヨークに戻るとサラの態度が変化します。ウィリアムは困惑し、いらだちを強めていき・・・。

恋の痛みに傷つき翻弄されながらも成長していく若者の姿が描かれていきます。ほろ苦いラブストーリーです。

グラミー賞受賞のシンガーソングライター、ジェシー・ハリスが担当した音楽も素敵です。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 イーサン・ホーク
出演 マーク・ウェバーカタリーナ・サンディノ・モレノソニア・ブラガジェシー・ハリスイーサン・ホーク、ローラ・リニー、ミシェル・ウィリアムス

鑑賞記録
2008年5月26日 テアトル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年05月27日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 墨攻 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。