スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最高の人生の見つけ方




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメリカ映画最高の人生の見つけ方」のレビューです。

映画最高の人生の見つけ方」は、ベテラン・ロブ・ライナーが監督を勤め、「ディパーテッド」のジャック・ニコルソンと「ラッキーナンバー7」のモーガン・フリーマンが共演した感動作です。ともに余命6ヶ月の富豪と自動車整備工が出会い、やり残したことを叶えようとする旅の様子を笑いと涙でつづります。

自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)と実業家で大富豪のエドワード(ジャック・ニコルソン)が入院先の病院で相部屋になります。カーターは見舞いに訪れる家族に囲まれ、エドワードはやって来るのは秘書だけと、2人には何の共通点もありません。

ところが、ともにに余命6ヶ月の末期ガンであることが判明します。ある日、エドワードは、カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした“棺おけリスト”を見つけ、リストの実行を持ちかけます。2人は周囲の反対を押し切って冒険の旅に出ます・・・。

二人は、富豪エドワードの資金力で、レーシングカーでの対決やスカイダイビングにも挑戦し、タージマハル、ピラミッド、ヒマラヤを周るなど人生のグランド・フィナーレを豪勢に飾りながら、次々に“棺おけリスト”をクリアしつつ、かけがえのない友情を築いていきます。

そして、それぞれが心から求めていたものを見出し、一番大切なことを再確認します。

日本映画の「象の背中」と同じテーマですが、比べると、さすがはアメリカという感じでスケールが大きく、明るいです。

採点
85点(娯楽度90点、感動度80点)

作品データ
製作 2007年 アメリカ
監督 ロブ・ライナー
出演 ジャック・ニコルソンモーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ビヴァリー・トッド、ロブ・モロー

鑑賞記録
2008年5月16日 なんばパークスシネマにて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年05月21日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< ハンティング・パーティ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 体育館ベビー >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。