スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

天国は待ってくれる




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年2月に観た日本映画天国は待ってくれる」のレビューです。

映画天国は待ってくれる」は、「いま、会いにゆきます」など、ヒット作の脚本家・岡田惠和が初めて書き下ろした同名の小説を、本人自らが脚本を書き、映画化しました。土岐善將監督のデビュー作でもあります。人情が厚い街、築地を舞台にした、3人の男女の青春ストーリーです。

築地に住む宏樹(井ノ原快彦)、武志(清木場俊介)、薫(岡本綾)の3人は、幼い頃からまるで兄弟のように育ちました。3人は、「聖なる三角形」を描いて、一生の友情を誓った仲です。誓いの通り3人の友情は大人になっても変わりませんでした。

ある日、武志は宏樹の前で薫にプロポーズをします。薫は戸惑いますが、武志と結婚する事を決めます。しかし、婚約パーティの日、武志は交通事故に遭い、そのまま意識不明となってしまいます。

3年後、宏樹は、初めて薫に思いを告げ、結婚の約束をしますが…。

せつないけれど、ほのぼのとすることができる映画です。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 土岐善將
出演 井ノ原快彦岡本綾清木場俊介、石黒賢、戸田恵梨香、中村育二、佐々木勝彦、蟹江敬三、いしだあゆみ

鑑賞記録
2007年2月15日 アポロシネマ8にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年05月12日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< 隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ブラックサイト >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。