スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ALWAYS三丁目の夕日


映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

ALWAYS三丁目の夕日」は2006年1月に観ました。

シリーズの総発行部数が1400万部を記録する西岸良平のコミック、「三丁目の夕日」を、『リターナー』の山崎貴監督が映像化しました。

戦後の昭和、東京の下町で、夕日を見つめ夢を抱いた人々を描く人情ドラマです。

舞台は、建設中の東京タワーが少しずつ空へ伸びていく昭和33年の東京です。

短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、青森から集団就職で六子(掘北真希)がやってきます。六子は小さな町工場にがっかりしますが、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰めます。

鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川(吉川秀隆)は、芥川賞の選考に残った経験がありますが、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々です。

ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミ(小雪)に頼まれ、身寄りのない少年、淳之介を預かることになります・・・。

ご近所が集まったテレビ観賞、思わず笑ってしまう則文と茶川のお向かいさん同士のやり取り、泥んこになって遊ぶ一平と淳之介の冒険など、現代では見られない風景ですが、かつて確かにあった下町の人情あふれる風景です。

素直に感動できる良い映画です。私は泣きました。

その後、日本アカデミー賞の各部門を総なめしたことでも証明されました。吉岡秀隆が良い味を出しています。堤真一薬師丸ひろこの夫婦も良かったです。

採点
95点(娯楽度90点、感動度100点)

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年08月06日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< レミーのおいしいレストラン(日本語吹き替え版) | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 夕凪の街 桜の国 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/36-f3c64a84

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。