スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

砂時計




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画砂時計」のレビューです。

映画砂時計」は、芦原妃名子原作の同名コミックの、好評だった昼帯ドラマに続く、映画化です。監督は「県庁の星」の佐藤信介。島根、東京を舞台に、男女4人の12年におよぶ恋と友情の物語を繊細に描くラブ・ロマンスです。

14歳の杏(夏帆)は、両親(風間トオル戸田菜穂)が離婚し、東京から母の故郷である島根に越してきました。田舎の生活は不慣れなものでしたが、口では厳しいことを言うけれど心根は優しい祖母(藤村志保)や近所に住む大悟(池松壮亮)、藤(塚田健太)、椎香(岡本杏理)との出会いで、次第に村に溶け込んでいきます。

しかし、離婚後、祖母からの叱咤激励の言葉に追い詰められた母は、杏を置いて突然自殺してしまいます。母の死を止められなかった自責の念と孤独に苛まれる杏に大悟は、「俺がずっと一緒におっちゃる」と約束します・・・。

大人になった杏、大悟、椎香を松下奈緒井坂俊哉、伴杏里が演じています。

池松壮亮夏帆のフレッシュコンビが魅力的です。

その二人が演ずる杏と大悟の恋に、藤(塚田健太)、椎香(岡本杏理)の想いがからむ中高生時代と、高杉瑞穂演ずる婚約者が登場する現在とを交錯させながら、意外な展開を見せるストーリーもなかなか良かったと思います。

仁摩サンドスタジアムや島根県の美しい自然も、背景として楽しめました。

採点
80点(娯楽度80点、感動度80点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 佐藤信介
出演 松下奈緒夏帆井坂俊哉池松壮亮塚田健太岡本杏理戸田菜穂、高杉瑞穂、伴杏里、風間トオル、藤村志保

鑑賞記録
2008年5月6日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年05月08日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< チェスト! | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 相棒 劇場版 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。