スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

幸せのちから




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年1月に観たアメリカ映画幸せのちから」のレビューです。

映画幸せのちから」は、シカゴなどに会社を構える実在の人物で、いわゆる“勝ち組”であるクリス・ガードナーの足跡を基に描かれた、真実のドラマです。住む家を失い、息子と共にホームレス生活をするほどの極貧にあえぐ中から成功していく原動力として、息子を想う父の愛情が描かれていきます。

1981年のサンフランシスコが舞台です。クリス・ガードナー(ウィル・スミス)は5歳の息子クリストファー(ジェイデン・スミス)を何より大切に思っています。彼の仕事は新型医療機器のセールスマンですが、大量に買い込んだ機器は滅多に売れず、家賃も払えない生活が続いていました。

そんなある日、彼は高級車から降りた男に成功の秘訣を尋ねたことをきっかけに、証券会社の養成コースに通うことを決意します。受講者に選ばれるように、クリスは人事課長のトゥイッスル(ブライアン・ハウ)へ自己アピールしますが…。

主人公がどん底から這い上がるまでを描いた映画です。

幸せをつかむための大変な努力をしますが、それが暗くなく、何やら明るいのはアメリカの国民性でしょうか?

父親役のウィル・スミス、息子役のジェイデン・スミスという実の親子の演技がいいです。

ラストシーンには感激してジーンとなりました。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ガブリエレ・ムッチーノ
出演 ウィル・スミスジェイデン・スミス、タンディ・ニュートン、ブライアン・ハウ、ダン・カステラネタ

鑑賞記録
2007年1月29日 アポロシネマ8にて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年04月21日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< 銀幕版スシ王子! ニューヨークへ行く | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | それでもボクはやってない >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。