スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

大いなる陰謀




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメリカ映画大いなる陰謀」のレビューです。

映画大いなる陰謀」はロバート・レッドフォード7年ぶりの監督作です。トム・クルーズメリル・ストリープら豪華キャスト共演で、様々な立場で対テロ戦争に関わる人々に深く迫った感動のヒューマンドラマです。

大統領への野望を抱く上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)は、世論の支持を得るための戦略として、ベテランのニュース番組ジャーナリスト、ロス(メリル・ストリープ)に言葉巧みに対テロ戦争の作戦をリークする代わりに好意的な報道をするよう持ちかけます。しかし、ロスはその戦略の裏に潜む陰謀を感じ、リークされた情報をいかに取り扱うか悩みます・・・。

そんな中、志高い志願兵アリアン(デレク・ルーク)とアーネスト(マイケル・ペーニャ)は、アーヴィングが仕組んだ戦略に従い、アフガニスタンの最前線に送られていました。彼らは想定外の攻撃を受けて敵包囲網の真っ只中で孤立してしまいます。絶望的な状況の中、二人はお互いに励ましの言葉をかけあいながら救出ヘリの到着に一縷の望みをつなぎますが、彼らの行く手には、さらなる苛酷な運命が待ち受けていました……。

同じ頃、彼らの恩師であるカリフォルニア大学の歴史学教授マレー(ロバート・レッドフォード)は、優秀であるのに勉学に身が入らない学生トッド(アンドリュー・ガーフィールド)を何とか変えさせようと、アリアンとアーネストの生き方を引き合いに出し、生きる事とは何かについて説いていきます…。

同じ時間にワシントンDC、カリフォルニア、アフガニスタンの3つの場所で、スリリングで濃密なドラマが展開し、切ないクライマックスへと集約されていきます。

政治家、ジャーナリスト、大学教授、学生。それぞれの生き方が描かれ、観終わったあと、「あなたはどう考えますか?」という質問が投げかけられている問題提起の映画だと思います。

深く考えさせられました。

採点
85点(感動度85点)

作品データ
製作 2007年 アメリカ
監督 ロバート・レッドフォード
出演 ロバート・レッドフォードメリル・ストリープトム・クルーズマイケル・ペーニャデレク・ルークアンドリュー・ガーフィールド、ピーター・バーグ

鑑賞記録
2008年4月18日 TOHOシネマズ梅田にて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年04月19日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< それでもボクはやってない | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | うた魂(たま)♪ >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。