スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団は、世界的ベストセラーを映画化した人気のファンタジー・シリーズの第5作目です。

私はハリーポッターの原作も読んでいないし、これまでの映画も見ていませんが、それでも、一部わかりにくいところもありましたが、充分に楽しめました。


ホグワーツの5年生になって学校に戻ったハリーダニエル・ラドクリフ)。しかし、ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモート(レイフ・ファインズ)が蘇った事実が全く知られていなかった。ファッジ魔法大臣(ロバート・ハーディ)は、ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)が自分の地位を狙って嘘をついていると疑う。ダンブルドアとホグワーツの生徒たちを監視するために、「闇の魔術に対する防衛術」の新任教師、ドローレス・アンブリッジ先生(イメルダ・スタウントン)を送り込む。ドローレス先生の仕打ちから、窮地に陥れられたハリーは…。



聞くところによると、前作からは、かなり話が進んだところから本作は始まるとのことです。

ハリーたちも魔法学校の5年生となり、背が伸びて、顔つきも大人っぽくなったハリーが、ファッジ魔法大臣やドローレス先生たちに、子供ではなく、大人として立ち向かっていく過程が本作の見どころとのことです。

デヴィッド・イェーツ監督は、「大人になることへの反発と窮屈さ。思い通りにならない世の中でいかに自分を貫くかが本作のテーマ」と、語っているそうです。

緊迫した悪との対決だけで無く、新しい仲間の登場や、ハリーの恋の行方がストーリーの奥行きを広げています。ハリーのキスシーンが見ものとのことです。

ハリーポッターの小説の方は、完結編が発売されることが話題になっていますが、映画はあと何作で完結するのでしょうか?

● 採点

85点(娯楽度90点、感動度80点)

● 作品データ

製作 2007年 イギリス
監督 デヴィッド・イェーツ
出演 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、ウォー・ウィック・デイビス、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ブレンダン・グリーソン、リチャード・グリフィス、ジェイソン・アイザックス、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン、フィオナ・ショウ、マギー・スミス、イメルダ・スタウントン、デイビッド・シューリス、エマ・トンプソン、ジュリー・ウォルタード、ロバート・ハーディ、デイビッド・ブラッドリー、マーク・ウィリアムズ、トム・フェルトン、マシュー・ルイス、イバンナ・リンチ、ケイティ・リューング、ハリー・メリング


● 鑑賞記録

2007年7月25日 なんばパークスシネマにて
スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年07月30日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< ピアノの森 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 傷だらけの男たち >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/33-c97467f8

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。