スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

硫黄島からの手紙




strong>映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年1月に観たアメリカ映画硫黄島からの手紙」のレビューです。

映画硫黄島からの手紙」は、イーストウッド監督、スピルバーグ製作の「硫黄島」2部作の第2弾です。クリント・イーストウッドが日本から見た「硫黄島の戦い」を描きます。

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた栗林陸軍中将(渡辺謙)が硫黄島に降り立ちます。

着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げます。

そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷(二宮和也)ら兵士たちは希望を見出します。しかし、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。

山手線一周ほどもない硫黄島は、米軍の本土攻撃を食い止める最期の砦として重要な拠点でした。米軍は当初、圧倒的な戦力の違いから5日で陥落できると踏んでいましたが、予想以上の日本軍の抵抗によって激戦は36日間に及びました。

全員がオーディションで選ばれたという日本人キャストの熱演が光ります。特に二宮和也はアカデミー賞の候補にあげられるほどです。

私は、戦争映画はあまり好きでないのでこの2部作は観ないつもりでした。しかし、たまたま時間があって観ましたが、観てよかったと思っています。

「父親たちの星条旗」も観たくなりました。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 クリント・イーストウッド
出演 渡辺謙二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕木奈江

鑑賞記録
2007年1月11日 梅田ブルク7にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年04月09日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< 無花果の顔 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ぼくたちと駐在さんの700日戦争 >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。