スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

エラゴン 遺志を継ぐ者




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年12月に観たアメリカ映画エラゴン 遺志を継ぐ者」のレビューです。

映画エラゴン 遺志を継ぐ者」は、全40カ国でベストセラーとなったファンタジー・アドベンチャーを、ジョージ・ルーカスのVFX工房「ILM」が総力をあげて挑む史上最大級のVFXを駆使して、映画化しました。監督は、「ILM」に15年間在籍していた、シュテフェン・ファンマイヤーです。

遥か彼方の帝国アラゲイシアは、かつてはエルフ、ドワーフが人間と共存する平和な土地でした。しかし今は、ガルバトリックス王(ジョン・マルコヴィッチ)の圧制の下、帝国は大きな混乱の中にありました。

15歳の少年エラゴンエドワード・スペリーアス)は、ある日、森の中で光を放つ青い石を見つけます。その石こそ、世界の運命を握るドラゴンの卵でした。

エラゴンは卵からかえったドラゴン・サフィラを密かに育て始めますが、王が放った魔物に叔父を殺され、自らの運命を悟ります。彼はかつて偉大な力を持っていた伝説の種族・ドラゴンライダーとして選ばれたのです。

エラゴンは、大きな使命を負い、サフィラ、語り部ブロム(ジェレミー・アイアンズ)とともに旅立ちます。…。

エラゴン役のエドワード・スペリーアスは、18万人の中から選ばれたそうです。

この映画は「スター・ウォーズ」の亜流だというような批評もあるようですが、私は大変面白かったです。

「ナルニア国物語」は微妙でしたが、これは必ず次作も観るつもりです。

今回、日本語吹き替え版を観ましたが、エラゴン役の山田孝之はよかったです。字幕版も観ようかなと思っています。

採点
90点(娯楽度95点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 シュテフェン・ファンマイヤー
出演 エドワード・スペリーアスジェレミー・アイアンズ、シエンナ・ギロリー、ジョン・マルコヴィッチ

鑑賞記録
2006年12月16日 OS劇場にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年03月28日 洋画 トラックバック:0 コメント:0

<< マイ・ブルーベリー・ナイツ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 敬愛なるベートーヴェン >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。