スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

武士の一分




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年12月に観た日本映画武士の一分」のレビューです。

映画武士の一分」は、「たそがれ清兵衛」、「隠し剣 鬼の爪」に続く、山田洋次時代劇三部作の最終作です。藤沢周平の隠し剣シリーズ第2作である「隠し剣秋風抄」の「盲目剣谺返し」が原作です。

三村新之丞(木村拓哉)は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世(壇れい)と中間の徳平(笹野高史)と平和な毎日を送っていました。

ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われます。あやうく一命はとりとめましたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、視力を失っていました。新之丞は人の世話なしで生きられなくなった自分を恥じ、一度は命を絶とうとしますが、加世と徳平のために思い留まりました。

ある日、加世が外で男と密会しているという噂を聞きます。新之丞は徳平に尾行をさせ、加世が番頭・島田(坂東三津五郎)と密会していることを知り…。

主演の木村拓哉は、子供の頃から剣道を習っていたそうで、剣さばきも見事ですが、山田演出に応えた演技も冴えています。

本作で映画デビューを果たした元宝塚の主演娘役壇れいが、主人公の妻役として魅力的な演技を見せてくれます。

当然ながら、笹野高史が渋いです。

さすが山田洋次。細部の一場面一場面に味があります。
毒見の場面、子供とたわむれる場面、切腹の場面、親戚寄り合いの場面、藩主拝謁の場面、道場の場面、決闘の場面、食事の場面などなど。
なかでも私は蛍の場面が良かったです。

現代にも通じる人々の心情が丁寧に描かれ、平等や個性の尊重などのメッセージが伝わってきます。

採点
95点(娯楽度95点、感動度95点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 山田洋次
出演 木村拓哉壇れい坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄

鑑賞記録
2006年12月5日 アポロシネマ8にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年03月19日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< アジアンタムブルー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 007カジノ・ロワイヤル >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。