スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

TANNKA 短歌




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年11月に観た日本映画TANNKA 短歌」のレビューです。

映画TANNKA 短歌」は、歌人、俵万智の処女小説、「トリアングル」を、作詞家・阿木燿子の初監督、黒谷友香初主演で映画化しました。初づくしの女性3人による、女性のための官能映画です。

フリーライターの薫里(黒谷友香)は、妻子あるカメラマンM(村上弘明)と9年越しの交際をしていました。仕事のために無我夢中で生きてきた薫里の仕事は順調で、夜はMとの快楽を楽しみます。そんな薫里をMは包むように愛してくれました。薫里は、Mとの赤裸々な体験を短歌に綴っていました。

しかし、薫里は圭(黄川田将也)という年下のバイオリニストともつきあい始めます。若い圭は、食事も終わらないうちに薫里を求めてきます。薫里にとって、まだ経験も少ない圭は、育てる楽しみがありました。

圭は次第に薫里を人生のパートナーとして考えるようになります。薫里は次第に圭を重荷に感じらるようになり、決断の時が来ました・・・。

R15、自然な形でセックスシーンが入っている、エロい映画です。

ベリーダンスとセックスを重ねる映像もエロいです。

私には、ラストが納得いきません。

採点
75点(娯楽度90点、感動度60点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 阿木燿子
出演 黒谷友香黄川田将也村上弘明、高島礼子、西郷輝彦、萬田久子、中山忍、本田博太郎

鑑賞記録
2006年11月30日 梅田ブルク7にて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年03月12日 日本映画 トラックバック:0 コメント:0

<< バンテージ・ポイント | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか? >>












管理者にだけ公開する

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。