スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブラック・ダリア




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年11月に観たアメリカ映画ブラック・ダリア」のレビューです。

映画ブラック・ダリア」は、戦後間もない1947年、ロスを震撼させた実在の猟奇殺人事件を題材に“アメリカ文学界の狂犬”ジェイムズ・エルロイが書き上げたノワール小説を巨匠ブライアン・デ・パルマ映画化しました。

警官のバッキー(ジョシュ・ハートネット)とリー(アーロン・エッカート)は、かつてプロボクサーとして鳴らしましたが、ロス市警のPR試合で一戦を交えます。
その後、2人は急速に接近し、仕事上でもバッキーは年長のリーに引き抜かれ、特捜課でコンビを組み始めます。

そんなある日、身体を腰から切断され、口を耳まで切り裂かれた若い女の全裸死体が空き地で発見され、間もなく死体の身元は、映画女優を夢見ながら娼婦まがいの生活を送っていた通称「ブラック・ダリア」のエリザベス・ショート(ミア・カーシュナー)だと判明します。

2人も事件の捜査に乗り出しますが、リーはこの事件に異常な執着を抱き始め……。

事件に魅了され、人生を狂わせていく若い刑事2人の重厚なドラマということですが、私は一度観ただけではよくわかりませんでした。

でも、もう一度観る気は起こりません。

採点
60点(娯楽度70点、感動度50点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ブライアン・デ・パルマ
出演 ジョシュ・ハートネットスカーレット・ヨハンソンアーロン・エッカート、ヒラリー・スワンク、ミア・カーシュナー、ケヴィン・ダン

鑑賞記録
2006年11月1日 アポロシネマ8にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年03月01日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 木更津キャッツアイ ワールドシリーズ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | クリアネス >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/289-8e683167

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです...

2008年03月04日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。