スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

トリスタンとイゾルデ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画トリスタンとイゾルデ」のレビューです。

トリスタンとイゾルデ」は、1500年前にケルトの伝説として誕生し、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、やがて宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語です。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなりました。

映画トリスタンとイゾルデ」は、この古典の映画化を20年も温めてきたという巨匠リドリー・スコット製作総指揮のもと完成しました。

ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にありました。各地に割拠する部族長の1人・マーク候(ルーファス・シーウェル)は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てます。

9年後、立派に成長したトリスタン(ジェームズ・フランコ)は戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流されます。

やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)に救われます。若い2人は間もなく深い仲になりますが、葬船がアイルランド軍に発見されたトリスタンは、この地を去らねばならなくなります。

やがてイゾルデがトリスタンの恩人であるマーク候と、政略結婚することになり、2人は、思わぬ形で再会します。

トリスタンは忠義心と愛情の間で苦しみながらも、イゾルデと密会を重ねますが…。

スパイダーマン」シリーズのハリー役、ジェームズ・フランコがトリスタンを好演しています。

歴史ものとしても、悲恋ものとしても、よく出来た作品です。

ラストには感動します。

採点
87.5点(娯楽度85点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ケヴィン・レイノルズ
出演 ジェームズ・フランコソフィア・マイルズルーファス・シーウェル、マーク・ストロング

鑑賞記録
2006年10月23日 TOHOシネマズなんばにて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月17日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< ちーちゃんは悠久の向こう | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | いちばんきれいな水 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/276-bc0b4320

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行アース(

2008年02月18日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。