スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ワールド・トレード・センター




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画ワールド・トレード・センター」のレビューです。

映画ワールド・トレード・センター」は、巨匠オリバー・ストーンが“9・11” を映画化しました。瓦礫の下から奇跡の生還を果たした警察官2名とその家族、彼らの救助活動にあたった人々など、数多くの証言から事件当日を忠実に映画化し、絶望の中で光り輝いた希望を描く感動のドラマです。

2001年9月11日、午前8時40分過ぎ、ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、ワールド・トレード・センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突しました。

港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは現場に急行し、人命救助のためビル内部へと向かいます。

しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始めました。奇跡的に生き残った2人ですが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていました……。

撮影では、在りし日の世界貿易センターをロスに再現したそうですが、あまりのリアルさに、エキストラとして出演した証言者たちは涙を流したそうです。

まさに感動的な人間ドラマで、見ごたえあります。

採点
90点(迫真度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 オリバー・ストーン
出演 ニコラス・ケイジマイケル・ペーニャ、マリア・ベロ、マギー・ギレンホール、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデス、フランク・ホエーリー

鑑賞記録
2006年10月12日 アポロシネマ8にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月10日 洋画 トラックバック:1 コメント:2

<< オトシモノ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 魁!!男塾 >>

この映画はなかなかいいですね。人の持つ愛を提示することで、あのテロという悪を強調しています。そして人間には愛があるんだ!ということを伝えている。
それはいいのですが、ドラマとして作っているはずですが、ストーリーが微妙にひっかかります。もっとストーリーテリングの巧さも必要でしょう。
僕にとっては、評価の低い作品です。駄作ではないと思いますが。

2008年02月12日 マキシ URL 編集

マキシさん、コメントありがとうございます。
私も、たしかにストーリーに物足りなさを感じましたが、実話の持つ迫力を評価しました。

2008年02月13日 管理人 URL 編集












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/270-cb171cd2

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行アース(

2008年02月12日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。