スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

母べえ


映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の映画母べえ」のレビューです。

映画母べえ」は、「時代劇三部作」の山田洋次監督が、長年にわたり黒澤明監督のスクリプターとして活躍してきた野上照代さんの自叙伝「父へのレクイエム」を映画化したものです。第二次世界大戦の暗い世相のなか、2人の娘を明るく育てた女性を吉永小百合が力演しています。

日中戦争が泥沼化しつつある昭和15年の東京。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋(坂東三津五郎)と妻・佳代(吉永小百合)、しっかり者の長女・初子(志田未来)、天真爛漫な次女・照美(佐藤未来)の4人が貧しくも明るく暮らしていました。

お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族でしたが、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まりました。

そんな折、野上家を訪れた、滋の教え子で出版社に勤める山崎(浅野忠信)は、滋との面会申請のために奔走し、やがて一家から「山ちゃん」と呼ばれる大切な存在になります。

滋の妹で美しく快活な久子(檀れい)は、思春期を迎えた初子とおてんばな照美の良きお姉さん役で、いつしか山ちゃんにほのかな想いを寄せるようになります。

変わり者の仙吉叔父さん(笑福亭鶴瓶)は、あけっぴろげで遠慮のない性格のため、いくつもの騒動を巻き起こします。

離ればなれになった家族をつなぐのは手紙でした。初子と照美は毎日の出来事を手紙に綴ります。そんな娘たちの成長を見守ることが母べえの心の支えでした。

ある日、野上家に思いがけない便りが届きます・・・。

第二次世界大戦前後の暗い時代を背景に、どんな困難にもくじけず、娘たちに精一杯の愛情を注ぎ、獄中の夫を尊敬し信じ続ける女性を吉永小百合が力演しています。

山崎の、久子の、仙吉叔父さんの、そして母べえのその後・・・。

涙なしでは観られない感動作です。

しかし、そんな中でも、随所に見られる人情溢れる人々の姿には、救われる思いがします。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 山田洋次
出演 吉永小百合浅野忠信檀れい志田未来佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶、中村梅之助、坂東三津五郎、大滝秀治

鑑賞記録
2008年1月28日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月29日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 陰日向に咲く | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 紙屋悦子の青春 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/258-f84b06ff

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行アース(

2008年01月29日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。