スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

紙屋悦子の青春




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年9月に観た日本映画紙屋悦子の青春」のレビューです。

映画紙屋悦子の青春」は、「美しい夏キリシマ」の黒木和雄監督が、松田正隆原作の戯曲を、美しく静かなタッチで映像化しました。松田正隆の実の母親をモデルにした、実話に基づくストーリーだそうです。

敗戦の色濃い昭和二十年の春のことです。

両親を失ったばかりの娘・紙屋悦子(原田知世)は、鹿児島の片田舎で優しい兄・安忠(小林薫)、その妻・ふさ(本上まなみ)と3人、寄り添うように暮らしていました。
長引く戦争に、不安は募りますが、酸っぱくなった芋に文句を言ったり、亡き父の思い出話に大笑いしたりと、家族と過ごす時間は、楽しいものでした。

ある日、悦子に見合い話しが持ち上がります。相手は、兄の高校の後輩である明石少尉(松岡俊介)の親友、永与少尉(永瀬正敏)でした。

悦子と明石は、密かに心を寄せ合っていましたが、海軍航空隊に所属する明石は、特攻隊に志願していたのでした。明石は自分よりも、生き残る可能性が高い整備担当の永与に、悦子を任せようとしたのでした・・・。

戯曲のように、作品中には、悦子の小さな家と、兄夫婦、明石、永与しか登場しません。昭和20年代そのままに再現された家や、道具たちを背景に、物語はゆっくりゆっくりと進みます。

古き時代の、「質素」の良さが表現された映画なのでしょう。

しかし私は、「ゆっくりさ」に耐えられませんでした。

評価が辛めです。

採点
60点(娯楽度60点、感動度60点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 黒木和雄
出演 原田知世永瀬正敏松岡俊介本上まなみ小林薫

鑑賞記録
2006年9月27日 動物園前シネフェスタにて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月28日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 母べえ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | フラガール >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/257-4857f2d5

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行アース

2008年01月28日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。