スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ゼロ時間の謎




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のフランス映画ゼロ時間の謎」のレビューです。

映画ゼロ時間の謎」は、ミステリーの女王、アガサ・クリスティーが、自著のベスト10の1作と認めた「ゼロ時間へ」を映画化したものです。「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵」に続いてパスカル・トマ監督がメガホンをとりました。

ハンサムなテニスプレーヤーのギヨーム(メルヴィル・プポー)は、新妻キャロリーヌ(ローラ・スメット)を伴い、叔母である富豪の老婦人カミーラ(ダニエル・ダリュー)の別荘で夏の休暇を過ごすためにやってきますが、そこには前妻オード(キアラ・マストロヤンニ)やってきます。

カミーラを世話するマリ(アレサンドラ・マルティネス)、オードに思いを寄せるトマ(クレマン・トマ)、キャロリーヌの友人フレッド(グザヴィエ・ティアム)も加わったある日の晩餐、招かれた高名な老弁護士トレヴォースが、かつて殺人を犯しながら罪を免れた子どもの話をします。

翌朝、心臓発作で急逝した老弁護士が見つかり、さらに、嵐の夜を挟んで今度はカミーラが死体となって発見されます。

休暇中の名探偵・バタイヤ警視とその甥・レカの名コンビが事件の解決に乗り出します・・・。

ネタバレになるのであまり詳しくは書けませんが、さすがアガサ・クリスティーです。真犯人は最後までなかなかわかりません。面白かったです。

ただし、犯人が、嵐の夜を月夜だったとだまされるのはおかしいと思いました。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2007年 フランス
監督 パスカル・トマ
出演 メルヴィル・プポーキアラ・マストロヤンニローラ・スメットダニエル・ダリューアレサンドラ・マルティネスクレマン・トマグザヴィエ・ティアム、フランソワ・モレル

鑑賞記録
2008年1月21日 テアトル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月22日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 出口のない海 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 銀色のシーズン >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/251-d3b0d760

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行アース(

2008年01月22日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。