スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

狩人と犬、最後の旅




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年9月に観た映画狩人と犬、最後の旅」のレビューです。

映画「狩人と犬、最後の旅」は、ロッキー山脈に暮らす実在の狩人ノーマン・ウィンターが、大自然を背景に愛犬たちと織り成す絆と冒険の感動ドラマです。フランスで大ヒットを記録しました。

ノーマン・ウィンター(本人)は半世紀に渡ってロッキー山脈で罠猟を続けてきました。彼はネイティブ・アメリカンの妻ネブラスカ(メイ・ルー)と7頭の犬ぞり犬とともに、人里離れた大自然の中で暮らしています。

ノーマン夫妻は猟を通じて生態系を維持し、自然を守る猟師の仕事に誇りを持ち、ほぼ自給自足の自由な暮らしと自然を愛していました。しかし森林の伐採によって、年々動物は減少し、山を降りることを考え始めた2人に、リーダー犬の死が追い討ちをかけます。

そこへ、やんちゃな10ヶ月のシベリアン・ハスキーの牝犬、アパッシュがやってきます。
アパッシュは狩の邪魔をし、他の犬からも孤立してしまいノーマンはダメ犬の烙印を押します。

しかし薄氷に落ちたノーマンを救ったのはアパッシュでした。
このことで、ノーマンとアパッシュにかけがえのない絆が結ばれ・・・。

ロッキー山脈最後のトラッパー(罠猟師)、ノーマン・ウィンターが本人役を演じています。

彼の仕事ぶりや日常、自然の美しさを丁寧に捉えた作品は、ほとんどドキュメンタリーのようです。

ニコラス・ヴァニエ監督自身も、20歳でラッブランド大平原の徒歩横断を成功させるなど、数々の偉業を成し遂げたフランスの著名な冒険家だそうです。

カナディアン・ロッキーの大自然の中で生きる人と犬に感動させられます。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2004年 イタリア カナダ スイス ドイツ フランス
監督 ニコラス・バニエ
出演 ノーマン・ウィンターメイ・ルー、アレックス・バン・ビビエ

鑑賞記録
2006年9月12日 テアトル梅田にて


スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月16日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< アース(吹替版) | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | X-MEN ファイナル・ディシジョン >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/245-c8453b49

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2008年01月16日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。