スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アキハバラ@DEEP




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年9月に観た日本映画アキハバラ@DEEP」のレビューです。

映画アキハバラ@DEEP」は数多くの作品がドラマ化されている人気作家・石田衣良の原作を初映画化しました。個性的なアキバの若者を描いた青春エンターテイメントです。

カリスマサイトの主宰者・ユイの引き合わせで出会ったページ(成宮寛貴)、アキラ(山田優)、ボックス(忍成修吾)、タイコ(荒川良々)、イズム(三浦春馬)の5人は、ウェブ制作会社「アキハバラ@DEEP」を立ち上げました。

巨大IT企業「デジタル・キャピタル社」の社長・中込(佐々木蔵之介)と知り合ったことで、事業は順調に滑り出します。

そして彼らは個々の技術と知識を結集させ、革命的な検索エンジン「クルーク」の開発に乗り出しました。しかし「クルーク」に目をつけたデジタル・キャピタル社が、彼らの前に立ちはだかり…。

アキバのオタク系若者と、それと似ているようで実は全く別物の、ホリエモンのような巨大IT企業の対比が面白く描かれています。

成宮寛貴がリーダーでありながら吃音という特異なキャラクターを上手く演じているのをはじめ、5人の個性的なキャラクターを若い俳優たちがいきいきと演じています。

敵役のIT企業社長を演じた佐々木蔵之介や、その部下を演じた寺島しのぶの怪演ぶりも見ものです。

とにかく面白かった映画です。文句なく、楽しめました。
特にラストシーンは傑作です。笑ってしまいました。

採点
85点(娯楽度90点、感動度80点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 源孝志
出演 成宮寛貴山田優忍成修吾荒川良々三浦春馬佐々木蔵之介寺島しのぶ、萩原聖人

鑑賞記録
200年9月7日 梅田ブルク7にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月10日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< その名にちなんで | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 再会の街で >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/240-bb6a14a7

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2008年01月10日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。