スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年9月に観たイギリス映画ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」のレビューです。

映画ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」は、人気バンド・ローリング・ストーンズのオリジナルメンバーであり、1969年に27歳という若さで永眠したブライアン・ジョーンズの死の真相に迫るドラマです。

ブライアン・ジョーンズの死因には諸説ありますが、この映画では「死亡原因は他殺である」とし、死へと堕ちていくブライアンの姿と、その半生を描いています。

ローリング・ストーンズのギタリスト、ブライアン・ジョーンズレオ・グレゴリー)は、ずば抜けた楽器演奏能力とカリスマ性でバンドを牽引してきましたが、音楽性の相違やドラッグ中毒などによりメンバーの中で孤立し、田舎に移り住んで、恋人と過ごしていました。

そんなブライアンの元を、ある日ロード・マネージャーのトム・キーロック(デヴィッド・モリッシー)が訪ねます。彼はブライアンの監督役兼世話役として、建築業者のフランク(パディ・コンシダイン)を連れてきました。そしてこれが、悲劇の始まりでした……。

フリーセックス、ドラッグ、ロックという60年代カルチャーの体現者であるブライアン・ジョーンズを、レオ・グレゴリーが好演しています。

27歳の若さで亡くなったブライアン・ジョーンズの謎の死。その真相に迫るサスペンスドラマです。

60年代の雰囲気がよく現されています。

採点
80点(娯楽度80点、感動度80点)

作品データ
製作 2005年 イギリス
監督 スティーブン・ウーリー
出演 レオ・グレゴリーパディ・コンシダイン、モネット・メイザー、ルーク・デ・ウルフソン、デヴィッド・モリッシー

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年01月06日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 46億年の恋 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ラフ ROUGH >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/236-ca1ec021

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2008年01月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。