スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

アポカリプト



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
映画「アポカリプト」は、「ブレイブハート」、「パッション」のメル・ギブソン監督が、無名の若者たちを起用して撮り上げた歴史アクションです。マヤ文明後期を舞台に、追う者と追われる者の駆け引きをスリリングに描いています。

R15です。

マヤ文明後期の中央アメリカのジャングルで、ジャガー・バウ(ルディ・ヤングブラッド)は部族長の父や妻(ダリア・エルナンデス)、幼い息子、仲間たちとともに平和な日々を送っていました。

しかし村が突然マヤ帝国の傭兵に焼き討ちされ、平和は崩れ去ってしまいます。目の前で父を殺されたジャガーは、捕まって都会へと送られます。そこでは、各地で捕縛された人間が奴隷として売り買いされていました。そして、そこで彼を待っていた運命は、あまりにも過酷なものでした…。

メル・ギブソン監督が、後期のマヤ文明を舞台に、1人の男の戦いを描いていきます。徹底したリサーチで得られた情報とイマジネーションを駆使して、当時のマヤを生き生きと再現しているそうです。

セリフも全てマヤ語で撮影され、リアリティあふれる映像が作り上げられました。

しかし本作は決して歴史考証的なものではないそうで、全体的にはダイナミックなエンターテイメントです。

特に後半の躍動感あふれるノンストップの追跡シーンはハラハラします。

メル・ギブソンは「本能に訴える映画を作りたかった」と語ったそうですが、まさにその通りの作品です。

● レビュー
R-15指定のとおり、残酷なシーンがかなりあって、気の弱い人は見ないほうがいいです。私も少し気持ち悪くなりました。

後半の逃走、追跡、闘争のシーンはすごい迫力で、ハラハラ、ドキドキします。主役のルディ・ヤングブラッドは精悍でかっこいいです。

マヤ文明の退廃ぶりも描かれていて、考えさせられます。

なお、「アポカリプト」とは「新しい時代の夜明け」という意味だそうです。

最後に少しだけ救われます。

● 採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

● 作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 メル・ギブソン
出演 ルディ・ヤングブラッド、ダリア・エルナンデス、ジョナサン・ブリュワー、ラオウル・トルヒーヨ

● 鑑賞記録
2007年6月20日 三番街シネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年06月21日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< キサラギ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | きみにしか聞こえない >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/23-1ffcbd91

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。