スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

君の涙ドナウに流れ~ハンガリー1956


映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のハンガリー映画「君の涙ドナウに流れ~ハンガリー1956」のレビューです。

映画「君の涙ドナウに流れ~ハンガリー1956」は、1956年のハンガリー動乱とメルボルンオリンピックでの「メルボルンの流血戦」という歴史的事実を背景にしたフィクションドラマです。流血の悲劇のさなかに巡り合った、若い男女の痛切なラブ・ストーリーが展開します。

1956年、ソ連支配の共産主義政権下にあったハンガリーの首都ブダペストで、自由を求める市民が立ち上がります。その混乱の中で、改革を求める女子学生ヴィキ(カタ・ドボー)と、メルボルンオリンピック出場を目前にした水球チームの花形選手カルチ(イヴァーン・フェニェー)が出会います。

それまで政治に無関心だったカルチも、秘密警察AVOや軍の横暴に傍観者ではいられなくなり、動乱に身を投じ、その中で、ふたりはいつしか愛し合うようになります。

流血の戦いの後、ソ連軍は完全撤退することになり、カルチは祖国の名誉のため、いったん離れていたチームに戻り、オリンピックに出場することになります。

しかし、一度は撤退したソ連軍の戦車部隊がブダペストに再侵攻し・・・。

この作品を企画したアンドリュー・G・バイナは「ランボー」などハリウッド大作を手がける大物プロデューサーですが、ブダペスト出身で、56年に12歳で祖国を脱出した経験があるそうです。

オリンピックでは、流血戦の末、ハンガリーは金メダルを獲得しますが、その表彰式で国歌が流れる頃、祖国では国歌を口ずさむヴィキの姿がありました・・・。

悲しい結末は、何よりも得がたい「自由」の大切さについて考えさせられます。

採点
90点(シリアス度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 ハンガリー
監督 クリスティナ・ゴダ
出演 イヴァーン・フェニェー、カタ・ドボー、シャーンドル・チャーニ

鑑賞記録
2007年12月12日 シネリーブル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年12月13日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 奇跡の夏 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | マリと子犬の物語 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/217-10515b9e

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年12月13日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。