スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

マリと子犬の物語




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画マリと子犬の物語」のレビューです。

映画マリと子犬の物語」は、2004年に起きた新潟県中越地震の被災地、山古志村で起きた実話をもとに、被災者家族および母犬マリと3匹の子犬たちによる感動ドラマを映画化しました。

亮太(広田亮平)と彩(佐々木麻緒)は新潟県山古志村に住む仲良し兄妹です。母親を病気で亡くし、父親(船越英一郎)と祖父(宇津井健)の4人家族でした。

ある日、亮太と彩は原っぱで捨て犬を拾います。でも、父親が犬嫌いのため、一度は諦めようとしますが、彩はひとりぼっちの子犬を見捨てる事ができません。父親も彩の優しい心に負け、一家で飼う事になりました。

マリと名づけられた子犬はすくすくと成長し、子犬を3匹産みます。家族が増えて彩と亮太は大喜びです。そんな時、山古志村を悲劇が襲います…。

家の下敷きになって動けない彩と祖父は、マリのおかげで自衛隊に救出されます。しかし搬送を急ぐヘリはマリと子犬たちを村に残して飛び去ってしまいます。

村に遺された母犬マリは、自然の厳しさと戦いながら、たった1匹で3匹の子犬を守り抜きます。16日後、無事救助された犬たちのエピソードは、住む所を失くし、失意の底にいた人々に生きる勇気を与えたそうです。

母をなくした亮太と彩の母親への想いが、母犬マリに重ねられます。

マリと子犬たちのけなげな姿が涙を誘います。

また、広田亮平佐々木麻緒の子役二人の演技にも涙が誘われます。この二人は「涙そうそう」でもそれぞれ、妻夫木聡長澤まさみの子供時代を競演した名子役です。

ただ、(ネタバレですが、)幼い二人だけで雨の山中を歩いてマリに会いにいこうとしたことは、事実だとしたら、とても無謀なことで、危機管理ができていないと思います。

映画では、このときも、村民の人々の対応は優しくて、ほっとしますが・・・。

このことも含めて、悲惨な状況の中で、村の人々、自衛隊員、みんなの優しさに救われます。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 猪股隆一
出演 船越英一郎、松本明子、広田亮平佐々木麻緒、高嶋政伸、小林麻央、小野武彦、宇津井健

鑑賞記録
2007年12月11日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年12月12日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 君の涙ドナウに流れ~ハンガリー1956 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 日本沈没 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/216-bdee15ef

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年12月12日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。