スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

嫌われ松子の一生




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年7月に観た日本映画「嫌われ松子の一生」のレビューです。

映画「嫌われ松子の一生」は「下妻物語」の中島哲也監督が、山田宗樹のベストセラー小説を映画化しました。主人公、松子を中谷美紀が体当たりで熱演しています。

昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生しました。彼女・川尻松子(中谷美紀)はお姫様のような人生を夢見て、教師になり爽やかな同僚(谷原章介)とイイ感じになりますが、セクハラ教師(竹山隆範)のせいで辞職に追いやられます。ここから、松子の転落人生が坂を転がり落ちるように、始まっていきます。

どうみてもダメな文学青年(宮藤官九郎)にお金を貢いだり、やがてソープ嬢となり、挙げ句の果てにヒモ(武田真治)を殺害し刑務所に入ったり・・・。

それからも愛を求める松子の前にはさまざまな男(伊勢谷友介)(劇団ひとり)(荒川良々)が現れますが、彼女の選択はことごとく不幸へと繋がってしまうのでした。

53歳、河川敷で死体となって発見された彼女の生涯を探る甥(瑛太)が見たものは?

男たちに利用され、搾取され、捨てられる松子。でも彼女は誰を責める訳でもありません。
不器用で一生懸命な松子を中谷美紀が熱演しています。

ストーリーは悲惨ですが、なぜか楽しい映画です。

豪華キャスティング、懐かしいミュージックの数々、華麗なCG・アニメなど映画ならではの楽しさが一杯味わえます。

採点
90点(娯楽度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 中島哲也
出演 中谷美紀瑛太伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、本田博太郎、ゴリ、榊英雄、マギー、竹山隆範谷原章介、甲本雅裕、角野卓造、宮藤官九郎劇団ひとり、BONNIE PINK、濱田マリ、武田真治荒川良々、土屋アンナ、山田花子、あき竹城、嶋田久作

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年12月08日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< ラブ★コン | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ゆれる >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/212-66eb9ed1

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年12月08日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。