スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

花蓮の夏




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の台湾映画花蓮の夏」のレビューです。

映画花蓮の夏」は、台湾映画界で注目の若手監督レスト・チェンの長編第2作です。幼なじみの少年2人と転校生の少女との間の友情と恋もようを描いた青春ドラマです。

この映画で、主演のブライアン・チャンは、06年、台湾の映画祭・金馬奨の最優秀新人賞を受賞しました。また共演のジョセフ・チャンも最優秀新人賞と最優秀助演男優賞にノミネートされました。

優等生のジェンシン(ブライアン・チャン)とスポーツ万能のショウヘン(ジョセフ・チャン)は、小学校以来の友人で、いつも行動を共にしています。

小学校のとき、優等生のジェンシンとは対照的に、お調子者のショウヘンはクラスの厄介者でした。担任はショウヘンの品行を正すために、常にジェンシンが傍らにいるように指示しました。無理やり友達になったジェンシンに対して、ショウヘンは親友だと思い込みます。

そんな二人の想いは、少しずつ変化していきます。やがて高校生になった彼らの前に、転校生のホイジャ(ケイト・ヤン)が現れます。彼女の出現が、ジェンシンとショウヘンの関係に微妙な影響を与えていきます。

ジェンシンはホイジャとの交際の最中に、ショウヘンに対する気持ちが友情以上のものであることに気づき悩みます。

ホイジャはジェンシンのその気持ちに気づきつつ、ジェンシンのことが好きな気持ちを隠して、ショウヘンと交際します。

ショウヘンはホイジャへの恋愛感情とジェンシンに対する友情のどちらも捨てることができません。

微妙に揺れ動く思春期の少年少女の姿を、主演の3人が見事に演じています。

レスト・チェン監督が、切なく、眩しい青春のひとときを映像化した感じがします。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2006年 台湾
監督 レスト・チェン
出演 ブライアン・チャンジョセフ・チャンケイト・ヤン

鑑賞記録
2007年12月5日 シネマート心斎橋にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年12月06日 アジア映画 トラックバック:1 コメント:0

<< ゆれる | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ココシリ >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/210-2ba21a13

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年12月06日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。