スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

DEATH NOTE デスノート




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年6月に観た日本映画「DEATH NOTE デスノート」のレビューです。

映画「DEATH NOTE デスノート」は、1,400万部以上を売り上げているモンスター・コミックを、2作構成で映画化した前編です。死神の落としたノートから始まる、2人の天才の頭脳戦を描いています。

夜神月(やがみライト)(藤原竜也)は、名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才です。彼は偶然、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を手に入れます。月はデスノートを使って、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していきます。その目的は、犯罪のない理想社会の実現でした。

一方ICPO(インターポール)は犯罪者の大量死を殺人事件と考えて捜査を開始し、世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵・L(松山ケンイチ)を捜査に送り込みます。

こうして月とLという2人の天才による壮絶な戦いが始まりました・・・。

2人の天才による頭脳戦が見どころです。デスノートのルールを最大限に生かして、Lの正体へと迫る夜神月と徹底した論理分析で謎の殺人犯を追うLの緊迫感のある戦いが展開します。

また、死神がCGで出てきて重要な役柄ですが、その声を中村獅童が見事に演じています。

私は原作は全く知りませんが、月の恋人・詩織(香椎由宇)の存在など映画オリジナルな部分もあるそうです。

とにかく面白く楽しめました。後編が楽しみです。

採点
85点(娯楽度90点、感動度80点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 金子修介
出演 藤原竜也松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、青山草太、中村育二、小松みゆき、皆川猿時、満島ひかり、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年11月20日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< タロットカード殺人事件 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | インサイドマン >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/193-67eac39a

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年11月20日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。