スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

13歳の夏に僕は生まれた




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年6月に観たイタリア映画13歳の夏に僕は生まれた」のレビューです。

映画13歳の夏に僕は生まれた」は、「輝ける青春」(03)で、カンヌ国際映画祭・ある視点部門でグランプリを受賞したマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の最新作です。思春期の少年のピュアな目を通して、現代イタリアの抱える移民問題を描いています。

13歳のサンドロは北イタリアのブレシャで工場を経営する両親のもと何不自由なく暮らしていました。彼は夏休みに地中海クルージングに繰り出しますが、誤って夜の海に転落してしまいます。

漂流する彼を助けてくれたのは、不法移民がひしめく密航船に乗っていたルーマニア人のラドゥとアリーナの兄妹でした。サンドロは彼らのおかげでなんとか飢えと恐怖を凌ぎ、イタリアの移民センターに保護されます。

サンドロは兄妹の力になりたくて、喜びの再会を果たした両親に彼らを養子にしてほしいと頼みますが…。

イタリアはかつて大量の移民を送り出していましたが、今では世界各地から移民が押し寄せています。そんなイタリアの移民問題を訴えかける映画です。
また移民問題の現実を知る中で、少年が大人になっていくプロセスを描いた映画でもあります。

考えさせられることの多い映画です。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2005年 イタリア
監督 マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
出演 マッテオ・ガドラ、アレッシオ・ボー二、ミケーラ・チェスコン

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年11月18日 未分類 トラックバック:1 コメント:0

<< インサイドマン | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | やわらかい生活 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/191-11c4e9c6

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いう

2007年11月18日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。