スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

プレステージ



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
映画「プレステージ」は、「メメント」のクリストファー・ノーラン監督が、クリストファー・プリーストの原作を元につくった奇想天外なミステリーです。

ヒュー・ジャックマンクリスチャン・ベールが演じる2人の人気マジシャンが、見ごたえのある難解なトリック合戦を展開します。

19世紀末のロンドン。華麗で洗練されたパフォーマンスを得意とする「グレート・ダントン」ことロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックソン)と、無骨だが天才的な想像力を持つ、トリックメイカー「THEプロフェッサー」ことアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)は、互いに尊敬しあい、その情熱のすべてを注いでイリュージョンの腕を競い合っていました。

ある日、アンジャーの妻で助手のジュリア(パイパー・ペラーボ)が水中脱出に失敗して死亡します。事故の原因はボーデンの結んだロープが外れなかったことでした。

アンジャーはボーデンに復讐を誓い、ボーデンもまた、執拗に自分を追い詰めるアンジャーに憎しみを募らせていきます。

やがてボーデンは、舞台でのアンジャーの壮絶な死を目の当たりにします。そして翌日アンジャー殺しの犯人として逮捕されたのはボーデンでした・・・。

一流のマジックはタネや仕掛けのないことを観客に確認させる「プレッジ」、パフォーマンスを展開する「ターン」、そして最後に予想を超えた驚きを提供する「プレステージ(偉業)」の3パートから成り立つといいます。

この作品は、そんな華やかな「プレステージ」の裏側にあるものを描いています。

何重にも折り重なるトリックが仕掛けられたストーリーは、それ自体がまるでイリュージョンのようです。

● レビュー
「どのシーンからも目が離せない」との宣伝文句が効いて、映画に集中させられます。
けっして寝ることはありません。

「この映画の結末を誰にも言わないでください」ということなのであまり書けませんが、たしかにストーリーにもトリックがあります。

まあ面白かったけど、度肝を抜かれるほどではありません。

● 採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

● 作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 クリストファー・ノーラン
出演 ヒュー・ジャックソン、クリスチャン・ベールスカーレット・ヨハンソン、マイケル・ケイン、デヴィッド・ボウイ、パイパー・ペラーボ、アンディ・サーキス

● 鑑賞記録
2007年6月11日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年06月13日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 300(スリーハンドレッド) | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | あしたの私のつくり方 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/19-a1c86e5e

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。