スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

あしたの私のつくり方



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
「あしたの私のつくり方」は、思春期の少女たちが、携帯電話のメールを通じて友情を育み、成長していく青春映画です。「神童」の成海璃子とAKB48の前田敦子が、さまざまな悩みを抱える女子高生をリアルに演じています。

原作は、新進の女性作家・真戸香市川準監督が、思春期の不安定な少女たちをみずみずしく描いています。

日南子(前田敦子)は、小学校でクラスの人気者でしたが、ある日突然いじめられる存在になってしまいます。寿梨(成海璃子)は、小学校の卒業式の日に日南子と交わした言葉が忘れられません。

それは「本当の自分」と「偽物の自分」という言葉でした。

それ以来二人は疎遠になっていました。

やがて高校に進んだ寿梨は、同級生から日南子が引っ越したと聞き、突然彼女にメールしようと思いたちます。寿梨はコトリと名乗り、「ヒナとコトリの物語」をメールに綴り始めました。

日南子はやがて物語の中のヒナに魅かれ、ヒナの言動を真似し、誰からも愛される女の子に変わっていきますが・・・。

友だちに合わせ、自分を演じているうちに、何が本当の自分なのか見失い、戸惑う彼女たち。思春期の女の子に特有の感情が、丁寧に描かれています。

● レビュー
他人から期待されている自分を演じているうちに、自分を見失ってしまった二人の女の子が、自分は自分でしかないと気づき、自分を取り戻していきます。

なんかほっとするラストです。

今どきの女子高生がこんなに繊細だろうか?と思ったりもします。

それにしても、主役の二人が、小学生から高校生までを見事に演じています。

とくに成海璃子は、「神童」のレビューでも書きましたが、14歳とは思えません。今後が楽しみです。

● 採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

● 作品データ
製作 2007年 日本
監督 市川準
出演 成海璃子前田敦子、石原真理子、石原良純、高岡蒼甫、近藤芳正、奥貫薫、田口トモロヲ

● 鑑賞記録
2007年6月8日 シネマート心斎橋にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年06月09日 日本映画 トラックバック:2 コメント:0

<< プレステージ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/18-1e05a0e8

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

市川準市川 準(いちかわ じゅん、1948年11月25日 - )は、日本の映画監督、CMディレクター。本名は、市川 純(読み同じ)。東京都府中市 (東京都)|府中市出身。CM演出家を経て1987年に『BU・SU』で映画初監督。以降、幅広い題材に意欲的に取り組み話題作を数多く発表してい

2007年09月30日 お待たせ!映画ファン「映画監督・評論家編」

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。