スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

象の背中




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画象の背中」のレビューです。

映画象の背中」は、秋元康の初長編小説を、「g@me」の井坂聡監督が映画化しました。ガンで余命半年の主人公を役所広司が演じ、彼を支える妻を20年ぶりの映画出演となる今井美樹が演じた感動のドラマです。

藤山幸弘(役所広司)は48歳。妻(今井美樹)と2人の子供(塩谷瞬南沢奈央)を持ち、建設会社の部長として充実した日々を送っていました。そんな彼が突然、末期の肺がんで余命半年を宣告されます。

彼は悩んだ末、延命治療を拒否し、自分なりに人生を全うし「死ぬまで生きよう」と決意します。そして、激痛に耐えながら別れを告げておきたい人々を訪ね歩きますが、妻の美和子には事実を言い出せずにいました・・・。

ホスピスをテーマにした映画です。

役所広司の闘病の演技はさすがです。本当にやつれていきます。

愛人(井川遥)がいたりする設定が女性の反感を買っているようですが、私は主人公の生き方(死に方)と家族や周りの人々の生き方に素直に感動しました。
愛人のことについても、妻の大人の対応に共感します。

岸部一徳演じる兄とのやりとりが見せ場だと思います。

採点
87.5点(娯楽度85点、感動度90点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 井坂聡
出演 役所広司今井美樹塩谷瞬南沢奈央井川遥岸部一徳、伊武雅刀、笹野高史、高橋克実、白井晃、益岡徹、手塚理美

鑑賞記録
2007年11月1日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年11月05日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< スターダスト | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | BIG RIVER ビッグ・リバー >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/174-2bf53483

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いう

2007年11月05日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。