スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

夢駆ける馬ドリーマー




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年5月に観たアメリカ映画夢駆ける馬ドリーマー」のレビューです。

映画夢駆ける馬ドリーマー」は、サラブレッド・ソーニャドールの奇跡の復活を目指す父と娘と家族の絆を爽やかに描いた感動作です。ソーニャドールとはスペイン語で「夢見る人」の意味だそうです。

ベン(カート・ラッセル)は牧場経営とトレーナーを生業としています。
ある日、娘のケール(ダコタ・ファニング)とともに馬の調教へと出かけます。彼が担当している馬の一頭が牝馬ソーニャドールですが、その走る姿を見て、ケールは一目で気に入ってしまいました。

レース当日、ベンはソーニャドールの異変に気づき、オーナーに出走を取りやめるよう進言しますが却下されます。ソーニャドールはそのレースで足を骨折し、オーナーは安楽死を命じますが、ベンはギャラと引き換えにソーニャドールを引き取ることにしました・・・。

この映画は、本当にあった感動の実話を映画化したものです。
「人はみなドリーマー 夢にむかって走れば奇跡はおこる!」の言葉どおり、さまざまな困難を乗り越えて夢に向かって邁進し夢を実現させる感動の物語です。

ソーニャドールの復活の舞台が伝統のクラシック・レース、ブリダーズ・カップと競馬好きにはたまらない映画です。

採点
92.5点(娯楽度90点、感動度95点)

作品データ
製作 2005年 アメリカ
監督 ジョン・ゲイティンス
出演 ダコタ・ファニングカート・ラッセル、エリザベス・シュー、クリス・クリストファーソン、ルイス・ガズマン

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月31日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< アレックス・ライダー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 犯人に告ぐ >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/169-7228b492

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いう

2007年10月31日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。