スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クワイエットルームにようこそ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は日本映画クワイエットルームにようこそ」のレビューです。

映画クワイエットルームにようこそ」は、劇作家、俳優、コラムニスト、小説家などとして幅広く活躍する松尾スズキが、芥川賞候補になった自作小説を映画化しました。内田有紀宮藤官九郎蒼井優妻夫木聡大竹しのぶら豪華キャストで、ある女性の再生までの14日間を描いています。

佐倉明日香は(内田有紀)28歳でバツイチのフリーライターです。締め切りに追われる毎日ですが、ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手の放送作家・鉄雄(宮藤官九郎)とはすれ違いの日々が続く微妙な状態です。そんなある日、彼女は、気がつくと、クワイエットルームと呼ばれる閉鎖病棟の一室にいました。

やってきたナース(りょう)に「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明されてますが、記憶があちこち欠如した状態の明日香は戸惑うばかりです。

しかし非日常的な空間で見知らぬ人々と出会ううちに、明日香の中で何かが変わり始めます…。

シリアスなテーマですが、若手もベテランも芸達者な俳優が揃って、とても軽いノリで笑わせてくれます。そして、シリアスなテーマにやっぱり考えさせられます。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 松尾スズキ
出演 内田有紀宮藤官九郎蒼井優、りょう、妻夫木聡大竹しのぶ

鑑賞記録
2007年10月26日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月29日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< GOAL! | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 柔道龍虎房 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/165-8f1f185e

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いう

2007年10月29日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。