スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

インベージョン




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回はアメリカ映画インベージョン」のレビューです。

映画インベージョン」は、「SF/ボディ・スナッチャー」など、過去に何度か映画化されたジャック・フィニイ原作によるSFサスペンスです。二コール・キッドマン演じる精神科医が、愛する息子を守るために闘う姿を描いています。

精神科医のキャロル(二コール・キッドマン)は、元夫のタッカー(ジェレミー・ノーサム)から、突然、息子オリバー(ジャクソン・ボンド)への面会要求を受けました。

その頃、彼女の周囲で不可思議なことが起こり始めます。夫が別人になってしまったと訴える患者、謎の言葉を発しながら車に轢かれる女性、その事故の目撃証言を要らないという警官。街中の人々が外見はそのままに、いつの間にか中身だけ、感情を持たない「別の何か」に変わってしまっているのです。

キャロルは彼女を愛する医師・ベン(ダニエル・クレイグ)やベンの友人のガレアーノ医師(ジェフリー・ライト)を通じて、その原因がスペースシャトルに衝突し、地上に降りた宇宙生物であることを知ります。

そんな中彼女はオリバーをタッカーの元へと送り出しますが……。

自らも感染し、眠ると発症してしまう状況の中で、かけがえのない息子を守るために、不眠不休で闘う母親キャロルを、ニコール・キッドマンが美しさの中で力強く演じています。

息子役のジャクソン・ボンドがとても可愛いです。

侵略者側からのメッセージは、皆が感情を無くし、同化することで、北朝鮮やイランなどの問題も解決し、戦争がなくなり平和な世界が実現するというものです。

しかし、皆が感情をなくし、皆が同じになってしまったら、人生、楽しくないです。
争いや矛盾を抱えつつも、それぞれが自分の人生を精一杯生きていく「人間」の世界を、私は支持します。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 アメリカ
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演 ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグジェレミー・ノーサムジェフリー・ライトジャクソン・ボンド

鑑賞記録
2007年10月24日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月25日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 雪に願うこと | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ナイロビの蜂 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/158-675754dc

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いう

2007年10月25日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。